アマゾンハーブ物語

amazonherb.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 29日

8・22活動報告

e0131859_9575643.jpg


e0131859_109171.jpg



ペルーアマゾンのプロジェクトサイトで、プロマネとして常駐している望月理事が8月16日より一時帰国。JICA様やAJINOMOTO様など、アルコイリスの活動を支援して頂いているステイクホルダーの方々への中間報告等予定されていたミッションを無事終了し、26日成田発のフライトでペルーへの帰途に着きました。今回の来日のハイライトの一つが、グリーンフラスコ研究所様のご厚意により実現した『グリーンフラスコ環境教育フォーラム』の一環として自由が丘4Fのセミナールームで開催されましたアルコイリスの活動報告会・・『ペルーアマゾンの生物多様性の現状と環境保全への取り組み』・・でした。今回、このような形で活動報告の方をさせて頂くことが出来ましたのも、ひとえにグリーンフラスコ関係者の皆様のボランティア精神溢れるご支援の賜でございます。この場をお借りしまして、心より深く厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、上の写真は、活動報告会の席上メインスピーカーとして壇上に立った望月昭宏氏。報告会の準備段階では、アルコイリススタッフの間においても、あらためてプロジェクトをレビューする機会を設定し、『生物多様性』、『生態系サービス』、『アグロフォレストリー』、『コミュニティートレード』等々、アルコイリスが主に取り組んでいる重要テーマについて、とことん膝を交えて話し合いをすることができたのは大きな収穫でした。そして、望月氏はプレゼンを通じ、経済的・社会的・環境的・歴史的・文化的バックグラインドや、価値観、習慣、立場の違いによって、日本からは見えにくくなっている熱帯雨林自然環境破壊の現状と原因について、望月氏が日々現場で目にしていること、体験していること、肌身感覚で感じていることに加え、2年半ぶりに来日し日本で感じた『違和感』と合わせ、臨場感たっぷりに話しをしてくれました。そこで改めて見えてきたのは、ありきたりのことかもしれませんが、三現主義の重要性(現場・現物・現実の三つの現を重視すること。問題が発生したときに、机上で判断するのではなく、現場で不具合の起きた現物を観て、どのような状態であるのか=現実=を確認することで解決を図る)。熱帯雨林の破壊の現場を容易に訪れることがで日本人にとって、今回の報告会では、たとえそのことを理解をすることはできなかったとしても、何らかの形で感覚として残るメッセージをお伝えできたのではないかと思っています。一方では、アマゾンに限らず、我々が直面している環境問題というのは様々形は違えど、根本のところでは一緒なんだなということも、改めて感じることができたようにも思います。エコとエゴ、グローバルとローカル、開発と保全・・・立場や社会環境の違いが生み出す利害関係が対立するのではなく、一致するモデル一つでも多く形になって行く、そのプロセスに、アマゾンの植物と共にかかわりたいとの思いを強く抱きました。

今回の報告会では、「マジカル・ハーブ」の著者でもあり、ワンダーアイズプロジェクトを主宰されている永武ひかるさんにもお越し頂きました。我々(私?)にとって、永武ひかるさんは、アヤワスカに象徴されるアマゾンハーブの世界に誘って頂いた人生の恩人でもあり、アルコイリスの活動を開始するにあたり原点となったVIP。永武ひかるさんと、今回このような形でお会いできたのは光栄の至りでございます。ありがとうございました!

###

追伸1:ワンダーアイズ写真展『アムールヒョウの森の里』極東ロシアの子どもたちが写した世界が8月29日〜9月8日が新宿コニカミノルタプラザで開催されています。開発が進み森林が伐採され、絶滅の危機に瀕するアムールヒョウ・・・アマゾンで起こっていることが、極東ロシアでも起こっている。

追伸2:来年の報告会では400名動員を目指して頑張りたいと思います!
[PR]

by arcoirisproject | 2008-08-29 10:55
2008年 08月 14日

軽井沢ファーマーズマーケットその2



e0131859_1845850.jpg



『浜納豆エビマフィン』に『セロリドライトマトマフィン』。カンブツカフェの按田優子さんが創作するナチュラルスイーツの世界に、軽井沢の温泉リゾートを訪れる人々は果たしてついてこれるのかな?そんな心配をよそに、『浜納豆エビマフィン』に『セロリドライトマトマフィン』・・・按田さんお手製のマフィンは、飛ぶように売れておりました。按田さんは、グリーンナッツオイルを「とても使いやすい」と言って、按田さんの作る焼き菓子には、ほぼ例外なくグリーンナッツオイルが使って頂いている。



e0131859_1861546.jpg


そして、ヘアースタイルが変わって見事にイメチェンをされた按田さんが手に持っているのが、アーユルベーダの考えに基づいて配合されたミックススパイスをグリーンナッツオイルに漬け込んだお手製の「スパイスオイル」。色々な料理にこのスパイスオイルをちょっとかけるだけでインド風薬膳??に早変わり。きっとインドの家庭には、日本の醤油みたいに、このようなスパイスオイルが常備されているのだろうな、などと勝手に想像しつつ・・・・兎に角、夏ばて気味の身体にとってはとてもありがたい、食欲をそそる夏向き調味料であることは間違いありません。インドとアマゾンのコラボを実現してくれた按田さんに感謝!そして按田さんの感性に万歳!!この逸品、ギフトとか、数量限定ででも商品化を検討する価値があるのではないでしょうか?如何でしょうかね〜按田さ〜ん??
[PR]

by arcoirisproject | 2008-08-14 18:11
2008年 08月 14日

軽井沢ファーマーズマーケット

e0131859_1719453.jpg



上の写真は、先月から市ヶ谷の事務所でアルコイリスの仕事を手伝ってくれている新人職員の筒井貴穂さんが、グリーンフラスコ自由が丘店池内店長からの御指南を頂きつつ作ってくれたグリーンナッツオイルをベースにしたハンドクリーム。これを8月7日・8日に軽井沢は星野温泉トンボの湯で開催された軽井沢ファーマーズマーケットに持ち込み、限定販売をしてみた。ベースにはグリーンナッツオイルと蜜蝋のみを使用し、これに、夏の軽井沢でのアウトドア対応ということで、防虫・防蚊、虫さされに効果の高いレモングラス、ニアウリ、ラベンダーの3種類の精油をブレンドしている。「夏場にハンドクリームはどうなのよ?」と懸念する声も一部にはあったが、これがなかなか好評で、予め用意した分は完売。避暑地(と呼ぶのは気が引ける程の猛暑ではあったが)の温泉リゾートを訪れた女性客が、自分用、若しくは、お土産用として、お買い求め頂くケースが多かった。実際に肌につけてみた感じとしては、ベトベトした感じが全くなく、精油の爽やかな香りと一緒にしっとり感がほどよく残るところがポイントが高かった模様。反省点としては、ビタミンEが多く入っているとは言え、オメガ3中心の脂肪酸組成のグリーンナッツオイルは、特に気温が高くなる夏場には、できるだけ酸化防止機能の高い容器が必要であるということ。酸素の透過性が低く遮光性があって、相応の質感のある陶器などがよいのかもしれません。
[PR]

by arcoirisproject | 2008-08-14 17:39