アマゾンハーブ物語

amazonherb.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 23日

K'S SLOWFOOD

カンブツカフェの按田さんから「素敵なお店があるから」と誘われて、目白の外れの方にあるK'S SLOW FOODへ。店に入るとターバンを巻いた大柄な女性が笑顔で迎え入れてくれた。彼女がお店を一人で切り盛りするオーナーのKさん。駄菓子やらアンティーク雑貨があふれるコンパクトな店内は、Kさんの思いが凝縮された「心地よき異次元空間」・・・・デイタイムは近所の子供たちが、夜になると大人たちが、Kさんの手料理や駄菓子を目指し、引き寄せられてくる。そう、ここは子供から大人まで、幅広い年齢層を対象とした「カフェ」(地域の情報交換場所)なのである。こういうお店が地域に一軒あると、世の中ももっと住みやすくなるのだろうになどと思いを巡らせつつ、Kさんの手料理を堪能させて頂いた。上から、冷や奴のエンドウ豆添え、ズッキーニとアスパラガスのソテー、トマトとブロッコリーと生ハムのオイルかけ。画像の料理は、すべてグリーンナッツが使われていて、Kさんのセンスの良さと確かな技術が光る逸品ばかり。グリーンナッツオイルのお陰で料理の幅が拡がった、と話すKさんが次に目指すのは、グリーンナッツオイルを子供たちに食べさせるために構想中の「30円駄菓子」だそう・・・・αーリノレン酸を使ったお菓子が流行れば、体内の脂質バランスが改善され、子供たちのアレルギー体質改善に役立つだろうに、とお話になっていたお茶の水女子大小林先生を思いだした。さてさてどんな、駄菓子ができあがることやら、楽しみ楽しみ。


e0131859_21502182.jpg


e0131859_21504277.jpg


e0131859_21514246.jpg


[PR]

by arcoirisproject | 2008-07-23 07:18


<< 深山鶯神楽      清里から原村へ >>