アマゾンハーブ物語

amazonherb.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 23日

パロサントの精油

e0131859_14194622.jpg



【ウカヤリ通信】

通称"パロサント"又は"リナロエ"は、学名"Bursera delpechiana"と言い、ペルーでは、"コスタ"と呼ばれる太平洋岸沿いの乾燥した地域に多く見られる芳香植物。日本でも良く知られている中東産のフランキンセンスと同じカンラン科。少年院の精油工房は基本的に、ペルーアマゾンとりわけ地元ウカヤリで容易に調達のできる芳香植物の加工生産を想定していますが、今回は例外的に、オールペルーということで、"コスタ"の"パロサント"を試験加工してみました。パロサントの効能は・・・リマの薬草市で見つけた商品のタグ表示によると、"悪運を追い払い、商売、恋愛、健康、勉学に良い"とありました。伝統的な使い方としては、精油を抽出するのはあまり一般的ではないようで、これもリマの薬草市で撮影をしたものですが、下の画像にあるように、ガマガエルの香炉で原木のまま焚いているようです。今回抽出した精油は、日本で科学的な検証を加え、有効性について考察してみたいと考えております。

e0131859_14272557.jpg


e0131859_14274720.jpg


[PR]

by arcoirisproject | 2010-03-23 12:49


     グリーンナッツ石鹸試作6号 >>