アマゾンハーブ物語

amazonherb.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 18日

フロールナシエンテ村~アップデイト

e0131859_2137412.jpg


e0131859_21372524.jpg


e0131859_21374011.jpg


e0131859_2137572.jpg


e0131859_21381132.jpg



★ウカヤリ通信★

参加農家のうち8家族は、道路沿いに畑がある。チャラスマナ村からの道中、モトタクシーから畑の様子を伺うと、アマシサの支柱が植えてあるのが見てとれた。期待感を胸に村に入り、集会場に進む。早速、コミュニティーリーダーのデニスさんより全体的な進捗報告を受け、次に参加農家からの聞き取り調査を早々に済ませ、畑の巡回へ。

支柱となるアマシサの植付が完了した畑、直播を行い発芽し始めている畑、苗床で発芽しているところ、陸稲やユカ芋やトウモロコシとの混植を試みている畑・・・何れのケースも、過去1ヶ月の間に大きく進歩していることが直ぐに分かった。特に、村の世話役的存在のサリーナスさんの畑は、アマシサ間隔のとり方が素晴らしく、模範例と言える出来栄え。"SO FAR SO GOOD"・・・フロールナシエンテ村は、極めて順調なプロジェクトの船出と見ました。最後に、リーダーのデニスさんに参加者農家の名前が書き込まれたチェックシートを手渡し、次の訪問までの間、フォローアップをするように依頼をした。今後、農家同士のコミュニケーションが深まれば、お互いに技術的に助け合い、学び合う機会も増えてくるものと思われます。
[PR]

by arcoirisproject | 2010-03-18 21:40


<< マシセア朝の風景      ウカヤリ名物~カルネ・デ・ベナード >>